トップ > CFDのリスク

CFDのリスク

CFD取引は元本が保障されたものではありません。レバレッジによって実際の取引額が大きくなるため、マーケットの変動や取引額によっては取引口座に預けた金額を損失が上回る可能性があります。取引をする前に、必ず各取引業者のリスク詳細の内容、および商品開示説明書を確認し、よく理解してから望むようにしましょう。

また、上記のような市場リスクの他に、取引システムや接続環境の安定性に伴うオペレーショナルリスクや、取引業者やそのカバー取引相手が破綻、または財産状況が悪化することで証拠金等の返還が困難になるクレジットリスク、カウンターパーティーリスク等も考えられます。

信頼性の高い取引システムを扱う取引業者や、信託保全などリスク管理に力を入れている取引業者を選ぶと安心です。

CFD取引業者総合ランキング

CMC Markets Japan

1位 CMC Markets Japan

取り扱い銘柄数最多。最大200倍の高いレバレッジ!

CMC Markets Japanは、投資の本場であるヨーロッパに本社を置くCMCグループです。4000以上の銘柄を扱っているので、幅広い選択肢から取引が可能です。逆日歩の支払いの必要がなく、ショートポジションの繰越で金利をゲットできるのも魅力です。また、多数の受賞履歴を誇る世界水準の取引ソフトウェア「Markets-pro」にも定評があります。

ひまわり証券

2位 ひまわり証券

日本でいち早くCFD取引を導入。レバレッジ最大20倍。

ひまわり証券は、国内で初めて株式CFDをスタートさせた証券会社です。取引手数料は0円。「売り」から始められ、取引は無期限なので、下落局面でもじっくり収益のチャンスを待つことができます。株価指数や原油・金・穀物などに連動した海外EFT銘柄も、全62銘柄と充実しているのが魅力です。今なら口座開設でクオ・カード1000円分がもらえるキャンペーンも実施中!

SVC証券

3位 SVC証券

信頼のSAXO系の取引システム。安心の信託保全。

FX業者として急成長中のSVC証券が、デンマークの大手SAXO Bankをカバー先としてCFD取引を始めました。現在提供しているのは、国内外・約2500銘柄の「株価証拠金取引」と、世界主要国14銘柄の「株価指数証拠金取引」です。FXでは業界最多の約150通貨ペアを扱うSVC証券だけに、今後の取引銘柄の拡大に期待が持てます。取引手数料はもちろん無料。約定能力の高さで評判が高いSAXO系の取引システムと、安心の信託保全サービスも魅力です。

CFD取引業者比較

CFD取引の基礎知識

CFD取引業者一覧

経済ニュース