トップ > CFD取引とは?

CFD取引とは?

CFDとはContract for Differenceの略で、差額決済契約取引を意味します。
CFDは、実際に株式や債券の現物を購入するのではなく、証拠金を証券会社に預けて、それを担保にして取引する金融商品です。
例えば、トヨタ自動車株をCFDで1株購入した場合、このCFDの価格はトヨタ自動車株の値動きを反映しますが、実際に現物のトヨタ自動車株を保有しているわけではありません。しかし、通常の現物株取引と同様に、トヨタ自動車の株を取引する権利を持つことになり、売買価格の差額がCFD取引の損益となります。
証拠金を用いたレバレッジ取引という点ではFX(外国為替証拠金取引)とよく似ていますが、 FXが外貨を対象にしているのに対して、CFDでは株式の個別銘柄や株価指数、債券や商品先物など、あらゆる金融商品を対象にしている点が大きく異なります。

CFD取引業者総合ランキング

CMC Markets Japan

1位 CMC Markets Japan

取り扱い銘柄数最多。最大200倍の高いレバレッジ!

CMC Markets Japanは、投資の本場であるヨーロッパに本社を置くCMCグループです。4000以上の銘柄を扱っているので、幅広い選択肢から取引が可能です。逆日歩の支払いの必要がなく、ショートポジションの繰越で金利をゲットできるのも魅力です。また、多数の受賞履歴を誇る世界水準の取引ソフトウェア「Markets-pro」にも定評があります。

ひまわり証券

2位 ひまわり証券

日本でいち早くCFD取引を導入。レバレッジ最大20倍。

ひまわり証券は、国内で初めて株式CFDをスタートさせた証券会社です。取引手数料は0円。「売り」から始められ、取引は無期限なので、下落局面でもじっくり収益のチャンスを待つことができます。株価指数や原油・金・穀物などに連動した海外EFT銘柄も、全62銘柄と充実しているのが魅力です。今なら口座開設でクオ・カード1000円分がもらえるキャンペーンも実施中!

SVC証券

3位 SVC証券

信頼のSAXO系の取引システム。安心の信託保全。

FX業者として急成長中のSVC証券が、デンマークの大手SAXO Bankをカバー先としてCFD取引を始めました。現在提供しているのは、国内外・約2500銘柄の「株価証拠金取引」と、世界主要国14銘柄の「株価指数証拠金取引」です。FXでは業界最多の約150通貨ペアを扱うSVC証券だけに、今後の取引銘柄の拡大に期待が持てます。取引手数料はもちろん無料。約定能力の高さで評判が高いSAXO系の取引システムと、安心の信託保全サービスも魅力です。

CFD取引業者比較

CFD取引の基礎知識

CFD取引業者一覧

経済ニュース